都政わいわい勉強会 in 板橋

<都議として必ず実現させたい政策TOP3>

 

おばた健太郎さん (生活の党・新)

1 子育て環境の整備

日本一子どもが産みにくい、育てにくい地域である東京を変え、

希望するご家庭は誰もが入ることができる仕組みを作る

 

2 「生きる力」を育む教育

子供たちが「一人一人がどのように生きるのか、自分の人生を自分で決める力」を育むことができるよう、地域全体で教育改革を行う。

 

3 減税こそ行政改革

公共サービスをより安く、より高品質で提供することが、政治の役割。

減税をめざすことで、可処分所得を上げ、行政の無駄を省きます。

 

 

くまき美奈子さん (民主党・現)

 医療と介護の連携の推進 

質の高い在宅療養の実現に向け、環境を整備し高齢者とその家族が

安心して在宅生活を継続できるよう区市町村の取り組みを支援する

 

 介護人材対策の推進 

介護・福祉の仕事に関する普及啓発、事業者の採用支援、職場改善、

多様な人材の採用支援など、総合的な取り組みを進める

 

 認可保育所と認証保育所との保育料格差の是正 

認証保育所については、大都市型保育サービス施設として国の制度の

中に位置づけ、国が財政的措置を行うよう働きかけていく

 


とくとめ道信さん (共産党・新) 

 安心して子どもを産み育てられる環境整備のために、

4年間で認可保育園の3万人分増設して待機児ゼロを実現する。

 

 都として最低賃金時給千円以上に引き上げる目標をかかげ、若者をはじめ、

正規雇用の拡大と人間らしく働く条件の改善をめざす。

 

 くらしの安心を支える医療・介護の拡充のために、

4年間で特養ホームの2万人分の増設と国保料、介護保険料などの負担を軽減する。

 

 

みやせ英治さん (みんなの党・新) 

   少子高齢化対策 

子どもが増えなければ国内市場は縮小し仕事は大変なまま、

年金の担い手も減り老後の生活もおぼつきません。

 

   新しいアイデアでの地域活性化 

ふるさとが年々壊れ寂しくなっているから

官から民へ、廃校の活用、団地の建て替えなど

 

   東南アジアと向き合える政策 

成長著しいアジアとともに生きる教育の推進

税収を補う都営インフラの営業販売。将来的な減税へ



※ご欠席の候補予定者の<実現させたい3つの政策>についても

コメントが寄せられ次第ご紹介します。